スポンサーリンク

ダイハツリコール2023交換対象車種は?検索/車体番号と理由なぜ?連絡/問い合わせ先も

話題

ダイハツ工業は12月20日(水)、車両の認証試験をめぐる不正があったことを発表しました。

なんとその不正の数は174か所もあったとのことで世間を驚かせています。

こちらでは、今回のリコール対象車種と確認方法、なぜリコールするのかと、問い合わせ先もあわせてまとめています。

ダイハツの軽自動車に乗っている方は、一度確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイハツリコール2023対象車種

不正すでに生産を終えた車種を含む64車種と3種類のエンジンに及びます。

車種や、車体番号については、2023年12月27日現在、まだ発表がありません。

ただ多くの車種では「安全性に問題はない」としているが、

「キャスト」と「ピクシスジョイ」の2車種は安全性能基準を満たさない恐れがあり、

リコール(回収・無償修理)について国土交通省に報告し、今後判断を求めます。

mako
mako

安全性能基準を満たさない車種があったとは!

国土交通省の立ち入り検査

今回のダイハツ工業の不正について、国土交通省が速やかに確認試験を行い、

基準適合性が確認されたものは順次公表、

リコール(無料の回収・修理)が必要な車種は、

同社に届け出を出すよう指導する方向です。

この立ち入り検査は12月21日・22日に行われていますが、

12月27日時点では、まだ詳細は出ていません。

スポンサーリンク

3車種の型式指定取り消し!2024 (1/16追記)

特に悪質な不正を確認したとして次の3車種の型式指定を取り消す方針です。

これは道路運送車両法に基づく、異例の措置となります。

●ダイハツ・グランマックス

●トヨタ・タウンエース

●マツダ・ボンゴ

スポンサーリンク

ダイハツリコール2023対象車種の確認方法/検索は?

ダイハツはリコール対象かどうかを車体番号より確認できるようになっています。

自動車検査証(車検証)の車台番号欄の記載事項を、入力して検索ボタンを押すと、対象車種かどうかが分かるようになっています。

サイトを確認すると、現在は、2023年11月2日の「トール」「ブーン」が最新のリコール情報なので、

今回の不正によるリコール対象は反映されていないようですね。

▶車体番号検索はコチラ

mako
mako

早めの対応を期待しましょう!

スポンサーリンク

ダイハツリコール2023の不正の内容は?

ダイハツは軽自動車の国内シェアの3割を握ります。

昨年度の世界生産台数は約170万台。

不正と出荷停止の対象には、親会社のトヨタ自動車やマツダ、スバルにOEM(相手先ブランドによる生産)をしている国内16車種、海外7車種も含まれているようです。  

不正は、試験データの捏造(ねつぞう)や改ざん車両や実験装置の不正な加工や調整など、

25項目に及びます。

多くの車種では「安全性に問題はない」としているが、

先ほどもお伝えしたとおり、「キャスト」と「ピクシスジョイ」の2車種は、

安全性能基準を満たさない恐れがあり、リコール(回収・無償修理)について国土交通省に報告し、判断を求めます。

mako
mako

該当車種を使用している方は、リコールの詳細を待ちましょう

スポンサーリンク

リコーダイハツル2023問い合わせ方法は?

リコール等に関する質問は、ダイハツお客様相談コールセンターに問い合わせましょう。

リコールについての電話問い合わせ

お客様相談センター《受付時間》9:00~~17:00

フリーコール:0800-500-0182

▶最寄りのダイハツの店舗検索

mako
mako

車の不具合はそのままにしておくと危険です、対象車種の方は早めのお手続きを!

話題
スポンサーリンク
makoをフォローする
まこママ暮らしブログ
タイトルとURLをコピーしました