スポンサーリンク

JAL/ANA羽田空港の欠航便は?2024払戻し,ホテル代はある?代替便/臨時列車についても

話題

1月2日に、羽田空港で日本航空機と海上保安庁の航空機が衝突した事故の影響で、

5日も羽田空港を発着する便を中心に、日本航空と全日空であわせて

およそ200便が欠航する見通しです。

日本航空と全日空であわせておよそ3万5000人に影響が出る見込みです。

4日は午後8時時点で羽田発着便を中心に計220便超が欠航しています。

こちらでは、欠航便の確認方法や、払い戻し、ホテル代や臨時列車についてまとめています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【JAL日本航空】羽田発着 国内線 44便欠航

日本航空は、羽田空港を発着する国内線のうち、102便を欠航にすると発表しています。

▶JAL欠航便の確認はこちら

スポンサーリンク

【ANA全日空】羽田発着便など計54便の欠航/ 国際線1便も欠航予定

全日空は、1月5日の羽田発着便について、92便を欠航にすると発表しています。


▶ANA欠航便の確認はこちら

スポンサーリンク

【その他の航空会社】一部の便で欠航や遅れ

羽田空港を発着するほかの航空会社も一部の便で欠航や遅れが決まっています。

さらに影響が拡大する可能性もあるとして、

各社は最新の運航状況についてホームページなどで確認してほしいと呼びかけています。

スポンサーリンク

JAL/ANA払戻し方法は?

▶JAL日本航空 払い戻し方法はこちら

▶ANA全日空 払い戻し方法はこちら

ホテル代はでるの?

今回の事故に伴う欠航や遅延については、天候理由と同等の取り扱いとなっており、

補償は航空券の払戻しのみで、宿泊代や交通費などの請求などは、

原則できないルールになっています。

(他の目的地に変更するダイバート便のルールは異なります)

▶JAL日本航空 宿泊費についてはこちら

▶ANA全日空 宿泊費についてはこちら

スポンサーリンク

【特別対応】キャンセルに手数料はかかる?

今回の事故に伴い、既に購入済みの国内線航空券について特別対応が発表されています。

内容は、飛行機の運航に関わらず、天候や天災、事故などに伴って影響が出る場合、

航空会社が設定した当該空港発着便において、

無料でのキャンセル及び無料での便変更(原則は予約便から30日以内)

可能な対応となります。

詳細は各社ホームページでご確認ください。

国内線を運航する航空各社の特別対応については以下の通りとなります。

各社の特別対応に該当する便

【ANA】

羽田空港発着便:1月3日の始発便から最終便までの全便

(以下は北陸での地震による特別対応)

能登空港発着便:1月2日の始発便から1月31日の最終便までの全便

小松空港発着便:1月2日の始発便から1月5日の最終便までの全便

富山空港発着便:1月2日の始発便から1月5日の最終便までの全便

新潟空港発着便:1月2日の始発便から1月5日の最終便までの全便

庄内空港発着便:1月2日の始発便から1月5日の最終便までの全便 

【JALグループ

国内線全便:3月31日までの全便

(国際線についても3月31日までの全便が特別対応に)

※1月31日までの手続きが必要

【スカイマーク

羽田空港発着便:1月3日の始発便から最終便までの全便

【AIRDO

午前8時時点で欠航便を除いて特別対応の発表なし。

(3日出発便の空港での空席待ちの受付を中止)

【ソラシドエア

羽田空港発着便:1月3日の始発便から最終便までの全便

【スターフライヤー

羽田空港発着便:1月3日の始発便から最終便までの全便

スポンサーリンク

東海道新幹線 下り臨時列車運行へ 午前中心に計4本

JR東海は、事故の影響で空の便で欠航が相次ぎ、

利用客の混雑が予想されるとして、

1月3日、東海道新幹線の下りの臨時列車を運行することを決めています。

臨時列車は、東京駅から新大阪駅に向かう午前を中心としたあわせて4本で、

いずれも普通車は自由席だということです。

▶JR東海新幹線運行状況はこちら

スポンサーリンク

国際線は?

一方、国際線については、事故があったC滑走路以外の閉鎖が午後9時半に解除されたことを受けて順次運航を再開しました。

▼日本航空は3便、

▼全日空は3日未明までのあわせて7便が欠航となりました。

3日の運航についてはいずれも滑走路や資材の状況を確認しながら調整するとしています。

スポンサーリンク

事故のあったC滑走路のぞき閉鎖解除

国土交通省よりますと、事故のあと午後6時から閉鎖されていた羽田空港の滑走路は、

事故のあったC滑走路をのぞいて午後9時半に閉鎖が解除されたということです。

スポンサーリンク

まとめ

こちらでは、羽田空港の欠航便や払戻しについてまとめてみました。

日本航空と、全日空は、欠航する便が増える可能性もあるとしていて、

最新の運航状況についてホームページなどで確認してほしいと呼びかけています。

今回の欠航便に関係のある方は、予定変更や手続きなど、大変な思いをされているかと思います。

欠航便に乗る予定だった方が、少しでも早く予定地へ到着できますよう、

また手続き変更等がスムーズに完了するように願っています。

mako
mako

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

話題
スポンサーリンク
makoをフォローする
まこママ暮らしブログ
タイトルとURLをコピーしました