スポンサーリンク

スギ花粉2024いつから?東京はもう飛んでる?飛散予測とピークいつかも!

話題

今年も早いもので2月に突入しますね。

花粉症の方は、今年の花粉の飛散時期や、飛散量が気になりますよね。

こちらでは、2024年の花粉の飛散予測について調査していきます。

早めの対策で、少しでも体に負担なく、この時期を乗り越えたいものですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スギ花粉2024 飛散予測(1月18日発表)

まもなくスギ花粉シーズンがスタートします。

2024年01月18日の気象台の発表によると、 ピークは2月下旬からとなる見込みです。

● スギ花粉は2月上旬に九州から関東の一部で飛散開始

● スギ花粉のピークは2月下旬から3月下旬、ヒノキ花粉は3月中旬から4月中旬

● 花粉の飛散量は、多くの地域で例年並みかやや多い

2月上旬の飛散開始前から、天候によってわずかな量の花粉が飛ぶこともあります。

花粉症の方はそろそろマスク着用するなど、対策をしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

スギ花粉2024 飛散開始時期は?

スギ花粉シーズンは例年並みか例年より早いスタートとなる見込みです。

九州・四国・東海・関東甲信の一部2月上旬
近畿2月中旬
北陸・東北南部2月中旬~下旬
東北北部3月上旬

1月前半は気温が高めに経過したこともあり、スギ花粉がわずかに飛んでいる地域があることが確認されています。

2月に入るとスギの開花が進み、福岡や東京など早い所では2月上旬に飛散開始となる見込みです。

飛散開始日:1平方センチメートルあたり、1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した最初の日

スポンサーリンク

スギ/ヒノキ花粉2024 花粉のピークはいつ?

【スギ花粉のピーク】

福岡・高松・東京2月下旬~
広島・大阪・名古屋・金沢・仙台3月上旬~

ピークの期間は10日から1か月ほど続く見込みです。

【ヒノキ花粉のピーク】

3月下旬から4月上旬の所が多いようです。

仙台はヒノキ花粉の飛散量は少なく、はっきりしたピークは現れない見込みです。

春一番が吹くような、風が強く急に暖かくなる日があると花粉の飛散量が一気に増えて、ピークの時期が早まることもあるので早めの花粉対策を!

スポンサーリンク

スギ/ヒノキ花粉2024 花粉飛散量は?

2024年春のスギ・ヒノキ、北海道はシラカバ花粉の飛散量は、例年(過去10年の平均)に比べると、九州から東北のほとんどの地域で、例年並みか例年よりやや多い見込みです。

北海道は非常に多い予測なので注意が必要です。

例年比飛散傾向
四国・関東甲信100%例年並み
九州・中国・近畿・東海・北陸・東北120~140%やや多い
北海道200%以上非常に多い
前年比飛散傾向
四国・中国・北陸・関東甲信50~60%少ない
九州・近畿70%やや少ない
東海90%前年並み
東北150%多い
北海道600%以上非常に多い

東北は150%と多いですが地域によって差が大きく、東北南部は少なく、東北北部は非常に多いでしょう。

【花粉の種類について】
北海道はシラカバ、その他はスギ・ヒノキ花粉の飛散量を表します。

【飛散量に関する言葉の説明】
非常に多い     :前シーズン (例年)の200%以上
多い        :前シーズン (例年)の150%以上200%未満
やや多い      :前シーズン (例年)の110%以上150%未満
前シーズン(例年)並 :前シーズン (例年)の90%以上110%未満
やや少ない :前シーズン (例年)の70%以上90%未満
少ない :前シーズン (例年)の50%以上70%未満
非常に少ない :前シーズン (例年)の50%未満
———————————————————–
前シーズン  :2023年シーズン飛散量
例年 :過去10年(2014~2023年)の平均値

スポンサーリンク

まとめ

花粉の飛散量は、前年夏の気象条件が大きく影響します。

すでに花粉がわずかに飛んでいる地域も確認されているので、

花粉症の方や、花粉症予備軍で心配な方は、早めの対策を心がけてくださいね。

mako
mako

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

話題
スポンサーリンク
makoをフォローする
まこママ暮らしブログ
タイトルとURLをコピーしました