スポンサーリンク

窓ぎわのトットちゃん映画2023何歳から?幼児も見れる?対象年齢,上映時間何分,あらすじについても

映画

12月8日(金)から公開されている『窓ぎわのトットちゃん』。

NHK専属のテレビ女優第1号として日本のテレビ放送の歴史とともに歩んで70年、

「徹子の部屋」でお馴染みの黒柳徹子さんが、

自身の幼少期を自伝的につづったベストセラー『窓ぎわのトットちゃん』を

初めてアニメーション映画化した作品で、注目されています。

主人公は5歳の女の子、せっかくなら子供と一緒に楽しめたらと思う方も少なくないはず。

こちらでは、お子様とこの映画を一緒に見ようと思っている方に、対象年齢は何歳なのか、幼児も見れるのか、おすすめは何歳なのかまた上映時間やあらすじについてまとめていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画『窓ぎわのトットちゃん』に年齢制限はある?

窓ぎわのトットちゃん映画をみるにあたり年齢制限はあるのか調べてみました。

すると窓ぎわのトットちゃんは何歳からでも鑑賞できることが分かりました。

R指定などはなく、G区分となっています。

【G】どなたでもご覧になれます。

【PG12】親または保護者の助言・指導があれば12歳未満の年少者でもご覧になれます。

【R15+】15歳以上の方がご覧になれます。

【R18+】18歳以上の方がご覧になれます。

スポンサーリンク

映画『窓ぎわのトットちゃん』のおすすめの年齢は?

『窓ぎわのトットちゃん』は年齢制限などなく、何歳からでも見れることが分かりました。

しかし子供といっても幼児、小学生、中学生・・とみんな同じように楽しめるのかというと、そうもいきませんよね。

そこで窓ぎわのトットちゃんは何歳くらいから見れるのか調べてみました。

どの世代も楽しめる!

結論からいうと、映画版の窓ぎわのトットちゃんの対象・おすすめ年齢は発表されていません。

1981年に出版された『窓ぎわのトットちゃん』。

ハードカバー、文庫、新書、絵本がこれまで数多く刊行され、

表紙絵および挿絵には一貫していわさきちひろさんの作品が使われています。

日本累計発行部数800万部を突破しているベストセラーです。

さらに世界各国でも中国語、英語、フランス語、ヘブライ語など20以上の言語で出版され、

世界累計発行部数はなんと2500万部を突破!

日本のみならず、海を越えて多くの国で愛され続けています。

世代・国境を超えて楽しめる映画となりそうですね。

4歳~5歳くらいから楽しめる?

就学前の幼児3歳・4歳・5歳くらいも、もちろん年齢制限はないので見ることは可能です。

筆者としては、4歳~5歳くらいから、ある程度内容も理解でき、楽しめるのではないかと思います。

その理由としては、今回オーディションを勝ち抜いて、トットちゃん役に抜擢された

大野りりあなさんのコメントです。

現在7歳の大野りりあなさんは

「年長さんの時に将来、女優やアナウンサーの道に進みたいと思いました。でも、成功するかどうか不安だった5歳の時、お母さんが徹子さんの『窓ぎわのトットちゃん』の本を買って読んでくれました。『こうやって勇気を出して成功している人がいるんだな』と思い、勇気をもらったので本当に感謝しています。友達関係のことや色んなことが書いてあって、おもしろいし感動するところがと
っても大好きです」

と、以前から黒柳に憧れを抱いていたことを語っているんですね。

大野りりあなさんも、5歳児には本で内容を理解できていること、

また友達関係のことなどが書いてあるkとおから、4歳・5歳くらいからは楽しめるように感じました。

もちろんアニメーションで画像も見やすいので、内容はしっかり把握できなくても、

3歳以下のお子様も楽しむことはできると思います。

スポンサーリンク

『『窓ぎわのトットちゃん』』の上映時間は何分?

窓ぎわのトットちゃん上映時間は114分です。

約2時間の上映になります。

3歳くらいだと少し長く感じるかもしれませんね。

また実際には、通常作品上映前に10分~15分ほどの予告などが入ります。

子供にはこの10数分が長く、気分を害するときも・・

事前に映画館に問い合わせると、予告時間を教えてくれることもあるので、

小さいお子様と見にいこうと思っている方で、少し上映時間が長いと気になる方は、

本編が始まる数分前に行くと、僅かながら短縮できますよ。

スポンサーリンク

『窓ぎわのトットちゃん』のあらすじは?

第2次世界大戦末期。

小学1年生のトットちゃんは落ち着きがないという理由で退学になってしまいます。

母親はトットちゃんのために、ユニークな校風のトモエ学園を見つけました。

通い始めたトットちゃんは小林先生に出会い、元気いっぱいの学校生活を送るようになる―。

スポンサーリンク

まとめ

窓ぎわのトットちゃんは、114分の映画となります。

年齢制限はなく、何歳からでも観ることはできます。

筆者としては4歳~5歳くらいから大人までがオススメです。

是非、お子様と一緒に映画を楽しんでみてはいかがでしょうか。

mako
mako

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

リトルマーメイド映画実写版は子供何歳から?幼児4歳3歳見れる?年齢制限/上映時間についても

たべっ子どうぶつランド横浜いつからいつまで?チケット予約方法や料金,カフェ/グッズについても

よみうりランドプール2023いつからいつまで?チケット料金/値段や有料席,キャンセルについても

『VIVANT』の原作&脚本家は誰?キャスト/あらすじや製作費,主題歌や読み方についても

VIVANTヴィヴァンいつからいつまで放送?全何話で最終回や放送時間日程は?

映画
スポンサーリンク
makoをフォローする
まこママ暮らしブログ
タイトルとURLをコピーしました