スポンサーリンク

郵便局年末年始2022-2023窓口とATM、ゆうゆう窓口の営業時間は?休みの日も調査

郵便局

今年も残りわずか、ゆっくり年末年始を迎えたいところですが、急に郵送が必要になったり、ゆうちょ銀行でお金をおろす用ができたりしますよね。年末年始にお仕事をされて郵便局の営業時間が気になる方もいらっしゃると思います。

それでは年末年始の郵便局の窓口営業時間を調べていきます。

一般的な年末年始のお休みは12月29日〜1月3日となっていますが、銀行や郵便局の年末年始のお休みは12月31日から1月3日の4日間と銀行法で決まっています。

スポンサーリンク

【2022-2023年】郵便局の年末年始の営業時間

郵便局の窓口には、手紙・年賀状・ゆうパック・レターパックなどを出せる郵便窓口と、郵便窓口の時間外窓口であるゆうゆう窓口、ゆうちょ銀行からお金を引き出したり、入金したりすることが出来る貯蓄窓口、生命保険や資産運用などを取り扱っている保険窓口4つがあり、各窓口によって年末年始に営業している日と営業時間は違います

mako
mako

まずは一般的な年末年始のお休みはどうなってるのか確認しておきましょう

では通常は12月31日から1月3日の4日間がお休みなることを前提に、各窓口をみていきましょう。

郵便窓口

郵便窓口は郵便局が営業していれば同様に営業することになっているので、年末年始は2022年12月31(土)~2023年1月3日(火)までお休みとなります。

今年は12月30日(金)まで営業、1月4日(水)から営業開始となります。

ちなみに年賀状を元旦に届けたいという方は、12月25日(日)までにポストに投函してくださいね。

mako
mako

「どうしよう!休みの日にどうしても出したいハガキが!」そんな時は次に説明する『ゆうゆう窓口』がありますよ

ゆうゆう窓口

ゆうゆう窓口というのは、夜間や土日祝日も営業している窓口のことで、郵便の仕分けを行うような大きめの郵便局に設置されています。いざという時に便利なので、自宅から最寄りのゆうゆう窓口は調べておくといいですよ。

ゆうゆう窓口に関しては、例年、年末年始も営業を継続しています。

ただし営業時間については24時間営業のところもありますが、郵便局によって異なるので、確認が必要です。24時間ではないところは、7時または8時に始まり、20時または21時に終わるところが多いです。

ゆうゆう窓口では通常の郵便窓口で取り扱っていることと同様の業務を行ってくれます。主に以下の業務です。

  • 郵便(通常郵便物・速達・書留)
  • 販売(切手やはがき、収入印紙等)
  • レタックス(電報などの電子郵便)
  • ゆうパック(チルドゆうパック含む)
  • 国際郵便(航空郵便物・国際スピード郵便物)
  • 保管郵便物・不在留置郵便物・本人限定受取郵便物の受取
  • 支店への申請・届出の受付
  • 私書箱の設置
mako
mako

ただし年末年始は混雑が予想されますので、時間に余裕をもって行くようにしてくださいね

貯蓄窓口(ゆうちょ銀行)

貯蓄窓口は、銀行法で定められているため、毎年12月31日~1月3日は年末年始休業となっています。

ATM(ゆうちょ銀行)

ゆうちょ銀行のATMは、ホリデーサービス実施ATMのみ稼働します。
ファミリーマート等に設置している小型ATMを含む、全国約14,200か所・約18,600台のATMで、通常貯金のお預け入れ・払戻し等をご利用いただけます。

ATMが設置されている場所によって、営業日が異なりますので、ATMの稼働状況を知りたい方は、自分が利用しているATMの稼働状況をチェックする必要があります。通常はATMがおいてあるお店はATMの営業日時について、年末が近づくと案内表示してくれますので足を運んでみてください。

※ATMの稼働状況【店舗・ATM-ゆうちょ銀行】

保険窓口

保険窓口は、毎年12月31日~1月3日は年末年始休業となっています。

スポンサーリンク

まとめ

基本的には今年も銀行法で定める12月31日(土)~1月3日(火)までがお休みとなり、営業再開は1月4日(水)からとなりますが、ゆうゆう窓口やATMのようにお休みの間も対応してくれる方法があります。年末年始は混雑が予想されるので、前もってできることは終わらせておきたいですね。

mako
mako

それでは、よいお正月を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました