スポンサーリンク

【行政書士試験】合格に必要な期間と勉強スケジュール

行政書士試験

行政書士試験は試験範囲も広いため、簡単にとれる試験ではないことは想像できると思います。しかしきちんと勉強スケジュールをたてることにより何年もかかる資格ではありません。

そこでこの記事では勉強時間がどれくらい必要なのか、効率よく合格するための勉強方法を説明していきます。

スポンサーリンク

予備校や通信講座を利用して500~600時間、独学はそれ以上

行政書士の試験に合格するためには、予備校や通信講座を利用した場合500~600時間独学の場合800~1000時間の勉強時間が必要とされています。

講義時間は200~300時間で設定されていることが多いので、プラス自分でする演習問題や復習等が300~400時間です。

この目安の時間は、法律に対しての知識や職務経験があるかどうかによっても変わってきます。一般的に予備校や通信講座は初学者向けにカリキュラムが組まれています

mako
mako

行政書士試験にむけての勉強時間は平均して600時間と言われています。試験範囲が広いため、試験対策のポイントをおさえながら学習することが大事です。

スポンサーリンク

合格までに必要な期間は人によって違う

行政書士の試験に合格するには予備校や通信講座を利用して500~600時間、独学の場合は800~1000時間が必要とさきほどご説明しました。

そうなると勉強時間を1日2時間とするか、1日3時間とするか、また平日は1~2時間だけど週末5時間できる、といったように人によって必要な勉強時間をどうこなしていくかは違ってきます。

平均的1日3時間勉強したとして予備校や通信講座を利用して5~6カ月。独学の場合は10~12カ月が必要と言われています。

しかし、これは毎日予定通りに勉強時間を確保できていることを想定したものであり、予定通りにいかないことがほとんどでしょう。体調不良で休むこともあれば、イベントごともあります。ですので必要期間は余裕をもって計画することをおすすめします。

ここで注意したいのが余裕をもたせるといっても、あまり長期の計画はおすすめできません。せっかく覚えた知識もやはり時間経過とともに忘れます。長い期間を設定すると、初めに勉強していた内容は少なからず忘れていきます。

基本的には次の試験を目標に、次の試験まですぐの時は1年と少しの勉強計画をおすすめします。

スポンサーリンク

勉強スケジュールと開始時期

開始時期についても、1日にどれくらいの勉強時間を確保できるかよって違います。学生であれば比較的勉強時間を中心に計画をたてられますが、仕事をしていたり、子育てをしているママさんなどは早朝や夜に勉強時間を捻出することになります。

600時間のカリキュラムを組んだとして1日3時間勉したとすると、1週間でおよそ20時間。そうするとだいたい30週必要となるので、6~8カ月の勉強期間を要します

行政書士試験は毎年11月の第2日曜日に実施されるので、1月~2月頃からは勉強をスタートさせるのがよいでしょう。

mako
mako

開始時期は自分のとれる学習時間を考慮して、11月の試験日から逆算してみるとよいでしょう。毎日3時間は難しいという方は週単位で計算してみると案外20時間/週を確保できますよ。

スポンサーリンク

効率的な勉強方法

勉強の効率化、すなわち勉強時間をできるだけ短縮させたいのであれば独学はおすすめしません。予備校に通うか、通信講座を受講するかの二択で絞ってみてください。

時間に余裕があったり、自宅ではモチベーションが持続できる自信がない人は予備校通学がおすすめです。

仕事をしている人や子育てママなど時間に融通をきかせたい人は通信講座がよいでしょう。費用はコースにもよりますが、予備校のほうが高額になります。

もしこの二択に迷われている方は、他の記事でもう少し詳しく予備校と通信講座のメリットとデメリットを紹介しているので参考してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

行政書士試験に合格するために必要な学習時間は、人によっても変わってはきますが、平均的に初学者で600時間と言われています。またこれは予備校や通信講座を利用することが前提となっています。

また勉強を開始する時期としては逆算すると、1日3時間の勉強時間を確保できるとして1月~2月頃には始められるとよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました